2017年 9月 の投稿一覧

寒くなってきましたね

朝から周辺の山には霧がかかって、幻想的な風景でした。

そして、涼しいを通り越して肌寒くなりましたね。
靴下を履いて、ヒートテックを着ましたよ。
風邪をひかないように気を付けましょう。

今日のパソコンレッスン

今日は自宅でパソコン教室。
Web制作が私のメインのお仕事ですが、実は時々パソコンレッスンも行っています。
生徒さんは50代の女性。パソコンを使えるようになりたい、でも苦手意識があってハードルが高く、いくつもパソコン教室を見学したけど合わなくて、お悩みでした。

どのパソコン教室でも決められたカリキュラムを順番にこなしていかなければいけないというのがプレッシャーになり、余計に苦手意識に繋がっていたようです。なので、ここではパソコンが嫌にならない程度に、楽しみながら少しずつ触ってもらえるようにと、考えています。

今日のテーマは「パソコンで誕生日カードを作る」でした。
ソフトを使って図案を作成し、プリンターで印刷。
とても喜んでいただけて、パソコンって色んなことが出来るのねと、前向きになられた様子。パソコンって楽しいと思っていただけたら嬉しいです。

月1回のペースですが、私も楽しみにしています。

たばこ祭りに行って来ました

今年で70回を迎える「秦野たばこ祭り」に行って来ました。
「秦野に住んでます」と言うと、懐かしそうに「昔、たばこ祭りに行ったことがありますよ」と県外の人にも言われたことがあります。有名なのですね。

水無川沿いから市街地へかけて屋台の数と人の賑わいの凄いこと。
市内にはいつくもの県人会があることを知りました。
新沼謙治さんの「ふるさとは今もかわらず」を生で聴けたのが良かったです。
秦野が故郷の人、故郷がどこかにあって移り住んできた人、いろんな人がいます。
祭りの最後を飾る松明と花火は風情があって、秦野の魅力をあらためて感じた夜でした。いい所です。

Webの勉強会でした

Webの世界の技術やトレンドって本当に日進月歩。
常に何かを追いかけている感覚です。

1人で仕事をしていると、色々と気になることが出てきて、最近は、独学で躓くことや苦手な部分は人に習ったほうが早いと思い、勉強会やセミナーで勉強したりしています。

今日は西新宿で勉強会。別の技術系講座で知り合った有志による集まりですが、大変有意義な時間となりました。講師役の方に感謝します。

セマンティックなhtml5のマークアップについての話は興味深く、「プロが作った大企業のサイトなんかでも、ソースを見ると定義づけの解釈が間違っていることもあるんだよね」とのこと。
時代に合った正しいマークアップ、大事です。精進したいと思います。

あえてホームページと言っています

みのりウェブ工房では「ホームページ屋さん」「ホームページ制作」などと書いておりますが、正しい用語をご存知の方には「何言ってんだ?」と思われるかもしれません。

というのも、ここで言う「ホームページ」というのは、正しくは「Webサイト」とか「サイト」と言います。ホームページというのは本来、サイトの中で入口となるトップページを指すものなので、厳密には使い方が違うのです。

でも、実際のところ、「Webサイト」と言うより「ホームページ」と言うほうが、一般の方には通じることがある、と実感しており…

「ウェブサイトを作っています」と言うと、
「そうですか。ウェブサイドって…何ですか?」と聞き返され、
「ホームページを作っています」と言い直したら分かってもらえた、ということがありました。

というわけで、ウェブサイト=ホームページ という使い方が浸透している以上、
読み手に通じる言葉で書いた方が親切ではないかと考え、ホームページと言うことにしました。(最初はちょっと抵抗ありましたけどね…)

お客様の原稿を校正する時もそうですが、
相手にとって分かりやすい言葉を選ぶ、という観点も大事だと考えております。

起業の話に花が咲いた午後

昔の職場の同僚に会いました。
ほぼ同じ時期の入社で、当時、家族より誰よりも長い時間を一緒に過ごしていたのが彼女でした。仕事面でも精神面でも、その存在が支えとなりやっていけた、そんなありがたい人でした。彼女もまた同じだと言ってくれます。懐かしいですね。

結婚して東京を離れることになった私は、沢山の人とお別れをしました。が、数年後には思いがけず夫の転勤で神奈川の小田急線沿線に住むことなり、かつての友人知人とも会いやすくなりました。人生分からないものですね。

さて、今日会った元同僚のNさんは、ただいま起業準備中。
それまで続けてきた業界を辞め、彼女らしい好きなことを仕事にする道を選び、開業に向けて着々と進めています。
新しいことを始めるってワクワクしますね。
起業の話に花が咲き、楽しい時間でした。心から応援しています!

屋号・サイト名についての話、の続き

昨日、「読み方が分からない屋号・サイト名」について書きましたが、これはWebでのお話。路面店と言われる実店舗の場合は、ちょっと事情が違います。

もちろん、誰でも読めるネーミングの方が覚えてもらいやすいので良い、というのは基本ではありますが…

「駅前にオープンした白壁に青い屋根が印象的な可愛らしいカフェ」とか
「○○交差点の近くにある花屋さんのような美容院」とか

リアルな世界で、お店自体の印象付けが出来ていれば集客できたりするので。
それほど「読みやすいネーミング」にこだわらなくても良いかもしれませんね。

あえて、常連しか分からないような看板にしたり、奇をてらった不思議な名前にしたり、という戦略もありますからね。

話が戻りますが、「インターネット検索で多くの人に見つけてもらいたい」とか、ネットショップだけで展開する場合は、やはり「覚えやすい名前」が良いですね。もう一度見たいと思った時に「屋号・サイト名」で検索してもらえるように。あと、URLも複雑でないものが良いですね。

読み方が分からない屋号やサイト名の場合は

ここ最近、天候の変化が大きかったせいか、風邪が流行っているようです。
皆さまどうぞ体調管理にお気をつけください。私はとりあえず元気です。

さて、今日は知人のホームページの相談を受けました。
まだ方向性が固まっていなかったので、サイト制作はまだ先のことになりそうです。

で、最近、屋号を変えたとのことでした。
前のは覚えにくいと周りの人たちに言われて…とのこと。
うん、うん、そうですね。
以前の屋号はフランス語で長めの言葉だったんです。
私も名刺は頂いていましたが、なかなか覚えられませんでした。

今度は漢字にしたとのこと。
前よりは分かりやすくなりましたが、私、とっさに質問してしまいました。
「で、何と読むんですか?」って。ごめんなさい!
常用漢字の組み合わせですが、彼女オリジナルの造語なので、読み方が分からなくて。

ご本人は、視覚的に漢字を覚えてもらえればよいとおっしゃっていましたが…。
(う~む、正直、覚えにくいなぁ、というのが本音)

これは私の考えですが、読み方が分からないというのは、ちょっと勿体ないと思うのです。ホームページやパンフレットって、文字を目で読むものではあるけど、口に出して発音してみることで脳にインプットされやすくなりますよね。そしてリズムの良い語感であれば尚良し。

とはいえ、ご本人が考えに考えて決められた屋号ですから、その想いを尊重したいと思います。自分が一生懸命考えてつけた子どもの名前について、他人にとやかく言われるのは誰でも嫌でしょう。なので、「読み方も分かりやすくするといいですよね」とだけ言っておきました。

このような「何て読むんだろう?」と思うようなネーミングのサイトを作る時は、初めて見た人に読めないストレスを感じさせないように、ロゴの部分に読み仮名を添える工夫が必要になるでしょうね。見せ方次第になるでしょうから、私が制作することになったら、その辺も考慮しながら作りたいと思います。

真夏のような休日

台風一過で朝から暑い一日でしたね。室内温度32度。真夏が戻ってきました。
今日は祝日ということで、お仕事は更新依頼の対応と制作をちょこっとだけ。
お天気が良いのでレジャーにでも出掛けると気持ちよさそうだなぁと思いましたが、お布団を干したり掃除に洗濯、家事がはかどるのでほとんど家で過ごしました。
夕方少しだけ外に出て気分転換。のんびりした休日です。

この痛みはスマートフォンサム

最近、右手が痛くて「これって腱鞘炎かなぁ」と思っていたのですが、まさにこの症状のことをテレビで紹介していました。

スマホやパソコンの使い過ぎで生じる手首の腱鞘炎で「スマートフォンサム」という名前がついているそうです。英語ではSmartphonethumbですね。世界的な現代病だそう。

私の場合は、スマホじゃなくてパソコン。スマホは片手使いではないから。
長時間のパソコン作業と独自のタッチタイピングとマウスの使い方が原因じゃないかな。

対策としては、手首の下にタオルを敷くとか工夫が必要。
そして、腱鞘炎は揉んではいけないそうです。
ひどい場合は整形外科で診てもらうのが良いとのこと。

パソコンが使えなくなると大変ですから、身体は大事にしないとですね。