昨日、「読み方が分からない屋号・サイト名」について書きましたが、これはWebでのお話。路面店と言われる実店舗の場合は、ちょっと事情が違います。

もちろん、誰でも読めるネーミングの方が覚えてもらいやすいので良い、というのは基本ではありますが…

「駅前にオープンした白壁に青い屋根が印象的な可愛らしいカフェ」とか
「○○交差点の近くにある花屋さんのような美容院」とか

リアルな世界で、お店自体の印象付けが出来ていれば集客できたりするので。
それほど「読みやすいネーミング」にこだわらなくても良いかもしれませんね。

あえて、常連しか分からないような看板にしたり、奇をてらった不思議な名前にしたり、という戦略もありますからね。

話が戻りますが、「インターネット検索で多くの人に見つけてもらいたい」とか、ネットショップだけで展開する場合は、やはり「覚えやすい名前」が良いですね。もう一度見たいと思った時に「屋号・サイト名」で検索してもらえるように。あと、URLも複雑でないものが良いですね。