全仏オープンの配色が素敵

テレビで全仏オープンを放送していますね。
テニス観戦が好きな、あのお客様もきっと見ていらっしゃるかな、
なんて思いながら見ているのですが、この試合放送、色合いがとても素敵。
画面に映るものが、クレーの赤茶色とダークグリーンと白の3色でまとめられていて、落ち着きと引き締まった感じの印象を与えるこの配色、好きです。

コート周りの色がグリーンで統一されていて、広告さえもごちゃごちゃ見えないのは、おフランスならではのこだわりかな。
さらに画面上に出てくるスコア表示や、右上のロゴも、徹底的に統一されていて、日本の放送局のこだわりも感じます。センスいいな~。

しかし、人々の顔色がやたら赤く見えるのはなんでだろ。
赤土の色が反射しているから?
赤土を綺麗に見せるために補正している?
画面全体に赤を強めにいれているから全体がまとまってみえるのかな…

試合の内容よりも、やたら色のことが気になるのでした。
綺麗な配色って、やっぱり人を惹きつけますね。

SNSでもご購読できます。