お知らせ

2020年新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年はスキルアップに力を入れたり、お仕事を通じて感動することがあったり、また、反省することもありました。

年々、時間が経つのが早く感じるようになり、あっという間に1年が過ぎて行きますが、2020年は少し心にも余裕を持って「充実した年だった」と思えるような年にしたいと思っています。

仕事としてやりたいこと、学びたいこともいっぱいあります。
インプットばかりでなく、アウトプットすることも考えながら、お客様により良いサービスを提供できるよう、一層頑張って参りたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

(写真は今日撮影した富士山、穏やかに晴れたお正月です)

新メニューを載せました

そろそろ関東も梅雨明けでしょうか。本格的な夏の到来ですね。
野菜の直売所で買ってきたトウモロコシや枝豆を食しながら夏を感じております。

さて、「その他のサービス」というページを作りました。
新メニューというか、Wordpressの手直しやカスタマイズは以前から依頼があればやっていたことではあるのですが…

最近、Jimdoサイトの手直し(部分的改修)のお仕事もさせていただいたので、載せておくことにしました。

WordPressのレッスンは企画中ですが、作ることを習いたい人もいるんじゃないかと。

https://minori-kobo.com/service/others/

色々載せると何でも屋さんっぽくなってきましたが、コンセプトが町のWeb屋さんなのだからいいかな。Webのことならご相談ください。

あえてホームページと言っています

みのりウェブ工房では「ホームページ屋さん」「ホームページ制作」などと書いておりますが、正しい用語をご存知の方には「何言ってんだ?」と思われるかもしれません。

というのも、ここで言う「ホームページ」というのは、正しくは「Webサイト」とか「サイト」と言います。ホームページというのは本来、サイトの中で入口となるトップページを指すものなので、厳密には使い方が違うのです。

でも、実際のところ、「Webサイト」と言うより「ホームページ」と言うほうが、一般の方には通じることがある、と実感しており…

「ウェブサイトを作っています」と言うと、
「そうですか。ウェブサイドって…何ですか?」と聞き返され、
「ホームページを作っています」と言い直したら分かってもらえた、ということがありました。

というわけで、ウェブサイト=ホームページ という使い方が浸透している以上、
読み手に通じる言葉で書いた方が親切ではないかと考え、ホームページと言うことにしました。(最初はちょっと抵抗ありましたけどね…)

お客様の原稿を校正する時もそうですが、
相手にとって分かりやすい言葉を選ぶ、という観点も大事だと考えております。